2014年9月17日水曜日

十石街道3 (高崎~佐久穂町)

2014日9月15日
かつての十石(じっこく)街道や旧国道をたどりながら、信州の佐久穂町を目指しました。

※地図をクリックすると詳しく見られます。(画像のブロックを解除して下さい。)

6時。 チャッピーに見送られて会社を出発。

7時45分。ほぼ、昨年6月に下見したルート(十石街道12)を通って鬼石に到着。
今日は山波川沿いを上って、途中から御荷鉾林道へトラバースしてみます。
セブンイレブンのちょっと北の満願地蔵尊から上り始め。

さっそく今日のこの先を暗示させるような道になってきました。

月吉という所で左に折れて、三波川を渡る。

諸松(もろまつ)集落も前回の法久(ほっく)と似たような、すさまじい急斜面にあります。

製図で使う勾配定規を写真に当ててみたら、三寸一分勾配(31%、約17度)ありました。

8時40分 御荷鉾林道に合流。
距離こそ短いが恐ろしく急な林道でした。
最後は押しましたね。

美原トンネルを過ぎたところで、カモシカがこちらを見つめていました。

法久(ほっく)峠のお地蔵さん。

法久集落へ下る途中で、地元と猟友会の人達が、
罠にかかったイノシシを仕留め、町に補助金を申請するため、写真を撮っていました。
「何しろ畑が荒らされるのでいたしかたない」と。
南無阿弥陀仏…

私も胴体に日付をスプレーされたイノシシと一緒に写真に納まり、
おばちゃんが手に持っているのと同じ栄養ドリンク(エスカップ?)をいただいてお別れしました。

9時50分 法久(ほっく)集落着。
前回同様、空中回廊に魅了させられます。
合成パノラマ写真でも伝えきれないのでこちらをご覧ください。ストリートビュー

山あり谷ありの道は、まだまだ続きます。
  ↓

2014年4月23日水曜日

第19回ツール・ド・草津に参加

2014年4月20日
第19回「ツール・ド・草津」に参加しました。
去年は雪で中止。今年もスタート地点は霧の中でしたが、予定通り実施されました。

チーム中島林産とショップのサイクルテック-IKDさん。
バイクフライデーの揃い踏み。

速い人、若い人のクラスからどんどんスタートしていきます。

女性と子供、年寄りはゆっくりスタート。


森の中は霧の中でした。
これはこれで気持ちいい。

森林限界を超えたあたりから晴れてきました。
眺めは最高ですが、
腹が減ってきて力がへーらねー(入らない)。


若い人達はとっくにゴールしていました。

14年前に当社で新築されたK様も一緒に参加されました。


下りは楽し。


山頂でのんびりし過ぎたかな~。
レースの後の静けさ。車の音がありません。

雲海を眺める当社のT君。今回が初のエントリーでした。
風邪で微熱があったそうですが、私より速かった…。

雪崩防止でしょうか。

高度が下がると再び霧の中へ。

風がなく、眺めも最高でしたが、タイムは最低でした。
自分はアスリートではなくて、ツーリストだと実感した今大会でした。

過去の参戦記はこちらです。

2014年4月2日水曜日

観音山・小幡経由で塩沢峠へ

2014年4月1日
 20日のツール・ド・草津に向け、トレーニングを兼ねて塩沢峠に行ってきました。
 ※クリックすると詳しく見られます。


10時に会社を出発して乗附から観音山を上ります。
観音山から吉井、藤岡方面を望む。

蕨の周辺は里山のいい雰囲気でした。

後賀(ごか)の吊り橋跡に建つ記念碑。

鏑(かぶら)川の川底。
水草かと思いましたが、石のようです。

新旧の塩畑堂橋。

12時ちょうど。甘楽町の小幡(おばた)は花見シーズン。
22歳の時に卒業論文の取材に訪れたのが最初でした。
テーマは「環境問題と経済」。小幡では街並み保存の実際をレポートしました。
論文の中身はともかく、着眼点だけは良かったように思います。

町屋の国道からちょっと旧道に入ったところ。

徐々に里の景色に。

秋畑集落の段々畑は半端ではない。
秋畑出身のおばちゃんから聞いた話では、少しでも上り下りを減らすため、
「畑の帰りには燃し木の枝でもいいから、必ず何か背負ってこい」と言われたそうです。
いよいよ九十九折りの山道へ。